広島県庄原市の紅葉の名所

(比和)吾妻山(2008年12月22日)

標高1,239m。草花・高山植物の宝庫で、天然の芝生や池、ブナの原生林がある。吾妻山の庭園のような景色は、タタラ製鉄と放牧により人工的に手を加えられた名残である。晴れた日には山頂から日本海や宍道湖、大山が望める伊邪那岐命が比婆山に眠る妻、伊邪那美命を山頂で「ああ吾が妻よ」と追慕したことから、この山名がついたといわれる。
庄原市内でも標高が高いことから、いち早く紅葉します。見頃は10月末頃。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(東城)帝釈峡(2008年12月22日)

国定公園帝釈峡は、帝釈川の浸食によりできた約18kmに及ぶ峡谷。上流の帝釈では、国の天然記念物の「雄橋」など遊歩道から望める。雄橋は渓水の争奪作用によって作られた長さ90m、幅19m、高さ40mの日本一の天然橋です。下流の神龍湖は、周囲24km、全長8kmの人造湖で両岸には石壁がそびえ立っています。湖上の遊覧船からは、四季の織りなす雄大な景色を見ることができます。
また下帝釈峡では秘境の趣きを味わえます。
紅葉の見ごろ:10/下~11/上
主な樹種:モミジ,カエデ,イチョウ

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(高野)乳下がり大イチョウ(2008年12月22日)

新市天満神社境内にある樹齢1千年余年に及ぶ乳下がり大銀杏はまさに圧巻!!目通り幹囲9.6m、樹高約18mの県下第一の巨樹といわれています。主幹から「乳」と呼ばれる無数のこぶ「気根」が垂れさがる雄株で、奇景を呈しています。県天然記念物指定。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(比和)福田頭登山道入口(2008年12月22日)

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:


これまでの記事


このページの先頭へ