広島県庄原市の桜の名所

粟ヶ段の桜(2008年12月22日)

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(庄原)上野公園(2008年12月22日)

上野公園の桜は周囲2kmの上野池を中心に約1,000本のソメイヨシノが植栽されており、平成2年4月、(財)日本さくらの会が選定する、さくら名所100選に選ばれました。電飾に栄える夜桜の美しさは関西随一を誇ります。
公園内の瓢山には、広島県史跡に指定されている古墳中期(1500年前頃)の典型的な前方後円墳や、倉田百三文学碑があります。
毎年湖畔で、夏の夜空を彩る花火大会が催されます。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(庄原)七塚原高原(2008年12月22日)

明治33年、国立種牛牧場が日本で初めて創立された(現在県立畜産技術センター)。赤いサイロとポプラ並木が印象的!場内の七塚原記念館には住時を偲ぶ貴重な資料が展示されています。
七塚原高原の桜は県立畜産技術センターの敷地内に約500本のソメイヨシノが植えられており、桜と牧場の緑と赤いサイロの織りなす色彩はとても美しい。広場もあって子ども連れの花見客が多く訪れています。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(東城)千鳥別尺のヤマザクラ(2008年12月22日)

樹高27m、ヤマザクラでは圏内最大の巨樹です。老大木ではあるが、主幹が空洞化せずしっかりしている。(現在知られる限りでは県内第1位の巨樹。広島県天然記念物指定の第意一号である)

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

森湯谷のエドヒガン(2008年12月22日)

樹高32m。胸高幹4.5mを超えるエドヒガンは、全国的にあまり多くないので貴重な存在といわれている。県天然記念物指定。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

小奴可要害桜(2008年12月22日)

樹高17m。樹種はエドヒガンで、中国山地に自制する落葉高木です。亀山城跡の一角に所在することから要害桜とよばれるようになった。桜としては県下有数の巨樹。県天然記念物指定。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

蓮照寺シダレザクラ(2008年12月22日)

春の桜の季節には万桜の美しい花が境内を彩り、多くの人がカメラを手に訪れ、賑わいを見せます。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(高野)円正寺・金秀寺のシダレザクラ(2008年12月22日)

円正寺のシダレザクラは県天然記念物に指定されており、胸高幹囲は3.4m、樹高は9mと12mに達する。県下有数の桜の巨樹である。隣の金秀寺のシダレザクラも見事。

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:

(口和)向住の桜(2008年12月22日)

タグ

2008年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:


これまでの記事


このページの先頭へ